みるブログ

貝のゆめをみました

前日のワークショップでさらに楽しむ

今回の舞台は幼児向けの歌と楽器を中心とした音楽の舞台。その舞台を盛り上げ、より楽しむために、高学年の子どもたちに事前取り組みを行いました。

当日、会場で子どもたちがより舞台を楽しむために、キャストの方々と一緒に踊ったり歌ったり。

開演中にも楽しむ仕掛けをたくさん教えてもらいました。

開演前はカエルとカタツムリを作った

当日の会場では、ワークショップに参加した子たちに教えてもらいながら折り紙でカエルやカタツムリを折って遊びました。

カエルになってぴょこぴょこしたり、会場内に作られた池で遊んだり。

始まる前にたっぷり楽しんでいるうちに、開演となりました。

カエルとカタツムリで始まった!

開演すぐに、折り紙で作っていたカエルとカタツムリが登場!不思議な動きと歌声にすぐに夢中になりました。

キャストの方に呼ばれて前でカエルになったり。

一緒に手遊びしたり、客席をぐるぐる回ったり。

綺麗な歌声や変わった楽器の優しい音色を楽しみながら、私たちも一緒に舞台に参加し楽しむことができました。

次回は5月19日の「父と暮らせば」

次の舞台は高学年から大人の方向けの舞台、「父と暮らせば」です。

この舞台は子どもたちだけではなく、大人にもたくさん観てもらいたい戦争をテーマにした舞台。

ぜひ遊びに来てくださいね。